Skip to content

利用規約

本規約はオンライン版fRat(https://frat.work)に係るものであり、オープンソースのfRatをダウンロードして独自利用する場合にはオープンソースライセンスが適用されます。

第1条 (目的)

  1. この利用規約(以下「本規約」)はfRat運用者(以下「運用者」)が運用するfRat(以下「本サービス」)における利用条件を定めます。本サービスの利用者(以下「利用者」)は、本サービスを利用した時点で本サービスに合意したものとみなされます。
  2. 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する運用者と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と運用者との間の本サービスの利用にかかわる一切の関係に適用にされます。
  3. 本規約とは別途定める諸規定(ヘルプや注意書き等含む)は、それぞれ本規約の一部を構成します。
  4. 本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には,個別規定において特段の定めなき限り,個別規定の規定が優先されるものとします。

第2条 (利用登録)

  1. 本サービスにおいては,登録希望者が本規約に同意の上,運用者の定める方法によって利用登録を申請し,運用者がこの承認を登録希望者に通知することによって,利用登録が完了するものとします。
  2. 本サービスを利用するために、利用者はスペースと呼ばれる領域を作成し、アカウントでログインすることでサービスを利用します。スペースを作成したユーザはそのスペースの管理者となり、スペースに参加できるユーザの管理を行います。
  3. スペースの管理、及びアカウントの管理はユーザが責任を持って行うこととし、スペースに参加した第三者によるスペース中の情報の更新、および第三者によるアカウント利用がされた場合でも、運用者は一切の責任を追わないものとします。

第3条 (利用者情報の提供義務)

利用者は運用者が利用者情報の提供を求めたときは速やにこれに応じ利用者情報を提供するものとします。

第4条 (利用者情報を適正に維持する義務)

  1. 利用者が運用者に届け出た事項に変更が生じた場合、利用者は直ちに運用者所定の方法により運用者に届け出るものとします。
  2. 前項の届出が行われなかった、届出が遅滞した、または不正確であった場合などに起因する損害が利用者に生じても運用者は一切の責任を負わないものとします。

第5条 (利用者と第三者で発生した問題に対する義務)

  1. 本サービス上での、利用者間あるいは利用者と第三者間で発生した問題につき、当該利用者は自己の責任と費用において、当該問題を解決しなければならず、運用者は一切の責任を負わないものとします。
  2. 本サービス上で利用者自身が登録・公開した情報に関して発生した問題については、当該利用者がすべての責任を負担するものとし、運用者は一切の責任を負わないものとします。

第6条 (運用者からの通知・連絡)

  1. 運用者と利用者間の通知・連絡は、運用者所定の方法により行うものとします。
  2. 運用者の利用者に対する連絡は、連絡の方法を問わず、通常到達すべきときに到達したものとみなします。

第7条 (利用上の禁止事項)

本サービスの利用にあたっては、以下の各号に定める為、または該当行為を禁止事項とします。

  1. 本規約の条項に違反する行為
  2. 公開していないAPIを実行するなどの、運用者が提供を意図しないアクセスを行う行為
  3. DOS攻撃や、スクレイピング、オートメーション等による大量のリクエストを実行する行為
  4. 本サービスを第三者に利用させる行為
  5. アカウントを他者に譲渡、または貸与する行為
  6. 他人のアカウントを本人の許可無く使用する行為
  7. 不正アクセスやクラッキングに相当する行為
  8. 他の人格に成りすます行為
  9. 運用者もしくは第三者を中傷・誹謗し、あるいは虚偽の情報等を流布することによって運用者もしくは第三者に不利益をもたらす行為
  10. 法令に触れる行為
  11. 犯罪に関わる行為
  12. 反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
  13. 本サービスについて二次利用をする行為、または転載、複製、放送、公衆送信、翻訳、販売、貸与、加工、再配布、再使用許諾等を行ない第三者に利用させる行為
  14. 著作権、特許権等の知的財産権を侵害する行為
  15. 公序良俗に反する行為
  16. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為
  17. 社会的に不適切な行動と解される行為
  18. その他、運用者が不適切と判断する行為

第8条 (利用停止・アカウントの抹消)

利用者が、次の各号に定める事由のいずれかに該当するきは、運用者は、当該利用者との本サービスに係る利用契約全部もしくは一部を利用停止、情報削除し、または、当該利者への今後一切の本サービスの利用停止もしくは利用者のアウントの抹消、情報削除を行うことができるものとします。

  1. 利用者登録の内容に虚偽がある場合
  2. 運用者の求めに応じず利用者情報を提供しない場合
  3. 利用者が禁止事項を行った場合
  4. 本規約に違反したことがある者からの申請であると運用者が判断した場合
  5. 法的機関より許可取消し、停止等の処分を受けた場合
  6. 180日以上本サービスの利用がない場合
  7. 利用者の利用料金の支払いに疑義があると運営が認めた場合
  8. 利用者の利用料金の支払いについてクレジット会社からのキャンセルが行われた場合
  9. その他、本サービスへの登録、利用の継続が不適当であると運用者が認めた場合
  1. 前項の場合、利用者は、運用者からの何らの通知催告も要せず、運用者に対する一切の債権についてを失うものとし、直ちにすべての債務を一括して弁済するものとします。
  2. 前項に定める本サービス利用契約の解約、本サービスの利用停止またはアカウントの抹消によって利用者が被った損害について、運用者は一切の責任を負わないものとします。

第9条 (反社会的勢力の利用禁止)

  1. 利用者は、過去、現在かつ将来にわたり、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動をし暴力を用いる行為、風説を流布し偽計を用いまたは威力を用いて信用を毀損しまたは業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行わないことを、将来にわたって表明するものとします。
  2. 利用者が前項の定めに違反したと運用者が判断した場合、運用者は本サービスの提供を終了することができるものとします。

第10条 (端末・通信料)

  1. 本サービスをパソコンや携帯端末で使用する場合の端末量、通信料は利用者の負担とします。
  2. 本サービスをパソコンや携帯端末で使用する場合、通信速度の低下、通信回線の不具合・事故、通信環境の悪化等により、利用者に損害が生じたとしても、運用者は一切の責任を負わないものとします。

第11条 (利用者の情報)

  1. 運用者は、本サービスに登録された情報の保護に最大限の注意を払います。ただし、利用者の情報の管理は利用者の責任において行うものとし、利用者の過失などによるデータの削除・滅失について、運用者は一切の責任を負わないものとします。また、ソフトウェアの障害等により情報が破損され、回復の見込みがないと運用者が判断した場合に発生した利用者の損害に関して、運用者は一切の責任を追わないものとします。
  2. 利用者は、利用者が作成したコンテンツに対して保有する所有権および知的財産権を保持するものとします。所有権および知的財産権が運用者に移ることはありません。

第12条 (一時的な中断および提供停止)

運用者は、次に定める事由のいずれかもしくは複数の事に相当する場合には、利用者に対する通知または了承を要すことなく、本サービスの全部または一部の提供を中止または時的に中断することができるものとします。

  1. 本サービスを提供するためのシステム、ソフトウェア、サーバー等の保守・更新等を行う場合。
  2. 本サービスを提供するためのシステムに過大な負荷がかかり、停止が必要であると運用者が判断した場合。
  3. 不正アクセス等によりセキュリティ上の問題があると運用者が判断した場合。
  4. 火災、停電、地震、噴火、洪水、津波等、天災により本サービスの提供が困難となった場合。
  5. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供が困難となった場合。
  6. 前項の他、本サービスの提供の中止または一時的な中断が必要と運用者が判断した場合。

本サービスの提供の中止または一時的中断について、利者又はその他の第三者が損害を被った場合であっても、運用は一切の責任を負わないものとします。

第13条 (本サービス内容の変更)

  1. 運用者の都合により本サービスの内容を追加・変更・削除する場合があります。
  2. 運用者の都合により本サービスの提供を終了する場合があります。

第14条(利用料金)

  1. 利用料金は、運用が別途料金表に定める料金を適用します。
  2. 運用が利用料金を計算し、利用者に対して請求を行うものとします。
  3. 運用は、利用者の承諾なく、利用料金の変更を行うことができるものとします。変更後の料金体系等は、利用契約更新時に適用されるものとします。
  4. 前項の定めにより利用料金に変更が生じた場合は、運用は迅速に利用者へ通知するものとします。利用料金の変更後、利用者が本サービスの利用を継続した場合は当該変更に合意したものとみなされます。
  5. 利用者が本サービスの利用を終了した場合(有料プランから無料プランへの移行を含む)、その終了の理由の如何を問わず、利用料金の減免はなされず、有料プランの契約期間満了までの利用料金をお支払いいただきます(利用者が支払済みの利用料金の返金を受けることもありません)。

第15条(利用料金の支払い)

運用は、利用料金の支払期日や支払方法を別途料金表、オンライン上の表示、電子メールその他の手段にて告知するものとします。 利用者の過失により運用が当該利用者の入金した事実を確認できないときは、当該利用者または他の第三者が被った損失について、運用は一切の責任を負わず、当該利用者は運用の請求により運用の指定する支払方法で利用料金を支払うものとします。

第16条 (権利義務譲渡の禁止)

利用者は本サービスに係る権利義務の全部または一部を三者に譲渡してはならないものとします。

第17条 (プライバシー・個人情報)

利用者のプライバシーおよび個人情報の取扱いについは、運用者が別途定めるプライバシーポリシーその他の規程よることとします。

第18条 (秘密保持)

  1. 運用者は利用者が登録した情報について、本サービス利用契約の遂行のためにのみ使用するものとします。ただし、情報を受領した者は、裁判所、警察等の捜査機関、税務署等の行政機関、弁護士会等の公的機関が法令に基づいて開示を請求してきた場合、それらの者に対し開示することができるものとします。
  2. 前項の規定は、次のいずれかに該当する情報については、適用しないものとします。
    1. 開示を受けた際、既に情報受領者自らが保有していた情報
    2. 開示を受けた際、既に公知となっている情報
    3. 開示を受けた後、自己の責めによらずに公知となった情報
    4. 正当な権限を有する第三者から適法に取得した情報
    5. 相手方から開示された情報によることなく独自に開発・取得していた情報

本条の定めは、本サービス利用契約終了後3年間有効に続するものとします。

第19条(免責事項)

  1. 運用者は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
  2. 運用者は本サービスの提供にあたり、本サービスの欠陥、本サービスの提供の停止および終了、情報の削除および変更、並びにそれらが原因で発生した利用者または第三者への損害に対し、故意がある場合を除き一切の責任を負わないものとします。
  3. 運用者は、本サービスを利用したことにより発生した、利用者または第三者への損害に対し、故意がある場合を除き一切の責任を負わないものとします。
  4. 運用者は、本サービスに関して,利用者と他の利用者または第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。
  5. 禁止行為を行った利用者の情報に対して、情報開示や情報の削除をおこなう場合があります。その際、利用者は、運用者の行った処置について、異議を申し立てることはできないものとします。
  6. 本規約に関して、運用者が利用者に対して負う損害賠償責任の範囲は、その原因の如何を問わず、当該事由が生じた日を含む月の前月末日を起算日として過去1年間に、当該利用者が運用者に対して本サービスを利用するために支払った利用料金の金額を上限とするものとします。

第20条(規約の変更)

  1. 本規約は、予告無しに変更される場合があります。規約変更の際、利用者の皆様に個別通知することは致しかねますので、本サイト等のご利用の際には、随時最新の利用規約をご確認ください。
  2. 変更後の規約は本サイト等上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

第21条 (個人情報の取扱い)

運用者は,本サービスの利用によって取得する個人情報ついては,別途定める「プライバシーポリシー」に従い適切取り扱うものとします。

第22条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第23条(管轄裁判所)

本規約に関連する紛争については、横浜地方裁判所を専的合意管轄裁判所とします。

第24条(存続条項)

本規約のいずれかの部分が無効である場合も、本規約のの他の部分は有効性には影響がないものとします。

以上