Skip to content

ポイントを見積もる。

上位のチケットはポイントを見積もります、2-3スプリント分の見積もりを行っておくのが良いでしょう。 見積もりは、開発チーム全員で行います。

ポイントはフィボナッチ数で工数を見積もります。 基準となるチケットを定め、そのチケットにポイントを振り、そのチケットより大きいか小さいか見積もりを行います。

開発者全員で、同時に自分がやったときのポイントを挙げます。 ポイントに際があるときはなぜその数字を挙げたかを説明していきます。 必要であれば、設計も同時に行います。皆が同じポイントを挙げた場合は、設計は自明。差があるときはメンバーによりやり方が違うことが多いでしょう。

見積もったら、pointにフィボナッチ数を記入しておきます。 見積もり